無期転換ルールについて

●無期転換ルールとは(労働契約法第18条 平成25年4月1日施行)

   無期転換ルールとは、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定め

   のない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。 

   無期転換ルールは、平成25年4月1日以降に締結された有期労働契約が対象となるため、平成30年4月1日以降、無  

  期労働契約への転換申込権が本格的に発生します。

    無期転換ルールの対象となる労働者は、原則として契約期間に定めのある「有期労働契約」で同一の会社で通算5

   年を超える期間雇用されている全ての方が対象です。契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員等の名称は

   問いません。

    【03修正】290901 別添2 キャンペーン用リーフレット.jpg 

 

 ○「無期転換ルール」の導入手順について

  (1)有期契約労働者の人数や職務内容、労働時間等の就労実態を調べましょう。

  (2)社内の仕事を整理し、有期契約労働者の無期転換後の役割について整理しましょう。

  (3)無期転換後の労働条件等の制度設計を行い、就業規則を整備しましょう。

  (4)無期転換後も円滑に無期転換が行われているかを把握し、必要に応じて改善を行いましょう。

  

 ○雇止めについて 

   無期転換ルールの適用を避けることを目的として、無期転換申込権が発生する前に雇止めをすることは、労働契約

  法の趣旨に照らして望ましいものではありません。また、有期労働契約の満了前に使用者が更新回数の上限などを一

  方的に設けたとしても、雇止めをすることは許されない場合もありますので、慎重な対応が必要です。 

 はじまります、無期転換ルール(486KB; PDFファイル) 

 

●有期雇用労働者の無期転換ポータルサイトについて

   有期雇用労働者の円滑な無期転換を進めるために、厚生労働省ではポータルサイトを開設しています。このポータ

  ルサイトでは、無期転換ルールの概要や導入ポイント、導入企業事例等の紹介をしておりますので、是非ご活用くださ 

   い。 

   有期雇用労働者の無期転換ポータルサイト 

 

●青森県内の無期転換ルールの認知度は約半数

    9月に県内3か所で開催された労務管理セミナー(青森市、弘前市、八戸市で企業の労務管理担当者を対象に実

  施)で、無期転換ルールに対する認知度をアンケートにより調査(回答409名)したところ、ルールの内容まで把握して 

  いるとの回答は54.3%、ルールの存在は知っているが内容までは把握していないとの回答が34.0%、ルールを知

  らなかったとの回答が11・7%と、無期転換ルールの認知度は約半数であることが分かりました。引き続き、青森労働 

  局では周知・徹底を図ります。 

  青森県内の「無期転換ルール」の認知度は未だ半数~「無期転換ルール取組促進キャンペーン」実施中です~(796KB; PDFファイル) 

 

●非正規雇用労働者のキャリアアップに助成金を活用してみませんか

   「キャリアアップ助成金」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の

 企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正規雇用等への転換、人材育成、処遇改善などの取組を実施した事 

 業主に対して助成する制度です。

 詳しくは、最寄りの都道府県労働局またはハローワークへお問い合わせください。 

 キャリアアップ助成金について(本省HPリンク) 

 

●政府広報「霞が関からお知らせします 2017」について

   政府広報のミニ番組「霞が関からお知らせします 2017」(BS日テレ 毎週日曜日21時54分から22時)で、無期

 転換ルールについて紹介しておりますので、参考としてください。

 政府広報オンライン 

 この記事に関するお問い合わせ先

  青森労働局 雇用環境・均等室 TEL : 017-734-4211

  住所:〒030-8558 青森市新町2丁目4-25 青森合同庁舎  

  【バナー】改正育介法.jpg こころの耳 監督2.png


あかるい職場応援団    ジョブカード 日本はひとつしごとプロジェクト    弘前就労支援センター.png  

青森労働局 〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎 

(代表)017-734-4111

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved.