ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 雇用均等関係 > 法令・制度 > 職業生活と家庭生活との両立のために > 次世代育成支援対策推進法の改正について(平成27年4月1日施行)

次世代育成支援対策推進法の改正について(平成27年4月1日施行)

 次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)は、企業のみなさま・国・地方公共団体に次代の社会を担う子どもの健全な育成を支援するための計画を策定することを求めている法律です。平成26年4月に改正法が成立し、平成37年3月31日まで法律の有効期限が10年延長されました。

   次世代育成支援対策推進法が10年間延長され、新たな認定制度が創設されます!(厚生労働省ホームページ)

 

 次世代法に基づき、従業員数101人以上の企業は、引き続き一般事業主行動計画(以下「行動計画」)を策定し、一般への公表、従業員への周知、都道府県労働局への届出を行っていただく義務があります。

 「行動計画」とは、次世代法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むに当たって、(1)計画期間、(2)目標、(3)目標達成のための対策及びその実施時期を定めるものです。

   一般事業主行動計画の策定・届出について(厚生労働省ホームページ)

   一般事業主行動計画の公表(両立支援のひろば)

 

 行動計画の終期が到来する企業のみなさまにおかれましては、次期行動計画を速やかに策定し、終期到来前に「一般事業主行動計画策定・変更届」を青森労働局雇用均等室まで提出いただきますようお願いいたします。

 

 なお、法改正に伴い、策定・変更届の様式が変更されましたので、行動計画を策定・変更する場合は次の新様式によりお届けください。

   一般事業主行動計画策定・変更届(様式第一号)【新様式】

   PDF版(165KB; PDFファイル)

   ワード版(104KB; MS-Wordファイル)

 

 行動計画に定めた目標を達成するなど一定の要件を満たした場合、都道府県労働局に申請することによって、「子育てサポート企業(くるみんマークの認定)」として認定を受けることができます。

 また、平成27年4月1日から新しく「プラチナくるみん認定制度」が始まりました。

   くるみん認定 プラチナくるみん認定の認定基準・認定マークが決定しました! (厚生労働省ホームページ)

 

  新くるみんマーク

    新「くるみんマーク」は、認定の取得回数が一目でわかるよう、取得回数に応じて星が増えていくマークです。

    カラーはピンクです。

    新くるみんマーク.jpg 

      

  プラチナくるみんマーク

    プラチナくるみんマークには、マントと王冠をつけ、くるみんマーク取得企業よりも両立支援の取組が進んでいることを表現しています。

    カラーはプラチナ色とし、マントの色は企業のカラーに合った12色の中から選択できます。

     プラチナくるみん.jpg

     

 

この記事に関するお問い合わせ先

雇用均等室 TEL : 017-734-4211

説明会バナーポジティブ・アクションバナーこころの耳 改正パート法バナー.gif監督2.png
あかるい職場応援団    ジョブカード 日本はひとつしごとプロジェクト  

青森労働局 〒030-8558 青森市新町2-4-25 青森合同庁舎 

(代表)017-734-4111

Copyright(c)2000-2014 Aomori Labor Bureau.All rights reserved.